チャリティーチャレンジ・プログラム福岡セミナー
受付中 お申込みフォームに進む
2月の定例セミナー
子どもたちが実社会の課題に触れ、考え、行動することは、日本の将来を担う彼らに求められている課題解決力やコミュニケーショ力の向上につながりますが、そのためには教員だけの力では限界があり、地域の人々や企業との連携を進めていくことが必要です。このセミナーでは、その第一歩として、学校と企業が取り組んでいる社会貢献活動を知り、子どもたちへのより深い学びにつながる機会の創出に向けて考えます。
 
学校教員や企業のCSR・社会貢献担当の方々、地域で教育支援を進めていらっしゃるコーディネーター、団体の方など、教育に携わる多くの皆様のご参加をお待ちしております。
基調講演
「学校と企業の連携による学校教育の変化と可能性」
 
 唐木 清志
 筑波大学 人間系 教授
<プロフィール>
「社会参加」をテーマに社会科教育学、アメリカ公民教育論、サービス・ラーニングを研究。静岡大学教育学部助教授、筑波大学大学院人間総合科学研究科准教授、筑波大学人間系准教授を経て、2017年より現職。
事例紹介
事例1:
「一人暮らしのお年寄りと交わす福招き年賀状」
 白木 照久
 福岡県 福津市福間中学校 校長
事例2:
「熊本地震で被害を受けた『南阿蘇鉄道』復活に向けて中学生ができること」
 藤原 棋聖
 熊本県 高森町立高森中学校 教諭
事例3:
「小学生向けキャリア教育プログラム
 ①阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊、②ゆめ・まち わくわくWORKプログラム」

 相良 有希子
 阪急阪神ホールディングス株式会社 兼 阪急電鉄株式会社 総務部 社会貢献担当 課長
事例4:
「金融リテラシー教育 お金の学校/School of Money」
 小湊 真美
 西日本シティ銀行 広報文化部 部長
事例5:
「学校のプロジェクト学習の可能性を広げるクラウドファンディング」
 丹羽 真奈美
 READYFOR株式会社 ファンドレイジング アドバイザリー事業部 キュレーター
日時
2018年2月10日(土) 13:00~17:00 (12:30開場)
会場
JR博多シティ9階 会議室3
<所在地> JR「博多駅」直結
<案内図> こちら をご参照ください。
参加費
1,000円
 
・参加費は当日会場受付にて現金でお支払ください。領収書をご用意しています。
お問い合わせ
公益社団法人日本フィランソロピー協会
担当: 藤川祥子(ふじかわ さちこ)、宮本 栄(みやもと さかえ)
TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585 Email  参加お申し込みは、こちら から
 

公益社団法人 日本フィランソロピー協会
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
TEL: 03-5205-7580--FAX: 03-5205-7585--Email--Access
Copyright © Japan Philanthropic Association. All rights reserved.