第25回フィランソロピーセミナー
前回次回
開催終了
お申込みフォームに進む
2月の定例セミナー
近年、日本企業のコーポレートガバナンスについて改革の必要性が論じられていますが、社内外からの監視を強化する欧米型の考え方には違和感を覚える方も少なくないと思います。
 
今回のセミナーでは、「道徳経済合一説」を提唱、実践した日本の近代化の祖、渋沢栄一の経営哲学に詳しく、監視による他律ではなく経営者の良心による自己規律に注目した企業統治研究の第一人者、一橋大学の田中一弘教授をお迎えします。社会に対する使命感や責任感といった「良心」にもとづく経営は、本来の日本の経営者のスタイルだったように思います。儒学から経営哲学に目覚めたという田中先生に、カタカナのコーポレート・ガバナンスとは一線を画する「良心による企業統治」に言及していただきます。「個人の良心を基底にした経営」の在りようについて考え、今後の自社の方向性を定めるヒントにしていただければと思います。
講師
田中一弘氏
田中 一弘 (たなか・かずひろ) 氏
一橋大学大学院商学研究科 教授
< プロフィール >
 
1999年に一橋大学大学院商学研究科より博士(商学)取得。神戸大学大学院経営学研究科助教授を経て、2003年に一橋大学大学院商学研究科助教授に就任。2010年より教授。
専門は経営哲学、企業統治。日本の企業統治のあり方を、監視やインセンティブの強化などの通常のコーポレート・ガバナンスとは異なる、責任感や貢献意欲といった「良心」を基軸とする観点から研究している。
 
主な著書に 『「良心」から企業統治を考える』(東洋経済新報社)、『渋沢栄一と人づくり』、『松下電器の経営改革』 (ともに共編著、有斐閣)。
日時
2017年5月19日(金) 15:00~17:00 (14:30開場)
終了後に懇親会がございます。(ご希望の方のみ)
会場
「都市魅力研究室」会議室
<所在地> 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 Tower C7階
 
<最寄駅> 阪急「梅田駅」、地下鉄御堂筋線「梅田駅」、JR「大阪駅」いずれも徒歩7分
 
<案内図> こちら をご参照ください。
参加費
会員: 2,000円 会員とは、当協会 会員企業 の役職員および 個人会員 (年会費12,000円)のみなさまです。
一般: 3,000円
学生: 1,000円
懇親会は、別途実費4,500円の予定 (参加ご希望の方のみ)
 
・参加費は当日会場受付にて現金でお支払ください。領収書をご用意しています。
・請求書発行、お振込み入金ご希望の方(企業所属の方に限ります)は、申込フォームのメッセージ欄にその旨お書き添えください。
お問い合わせ
公益社団法人日本フィランソロピー協会
担当: 加勢川佐記子(かせがわ・さきこ)
TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585 Email  参加お申し込みは、こちら から
 

公益社団法人 日本フィランソロピー協会
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
TEL: 03-5205-7580--FAX: 03-5205-7585--Email--Access
Copyright © Japan Philanthropic Association. All rights reserved.