フィランソロピー始動30周年記念出版

Date of Release:2021.4.6
税込価格:1,540円
    全国の書店でお求めいただけます。
書名:
共感革命 フィランソロピーは進化する
出版年月:
2021年3月
ページ数:
209ページ
サイズ:
四六判(127x188mm)
発行:
公益社団法人日本フィランソロピー協会
制作・発売:
中央公論事業出版
ISBN:
978-4-89514-526-8
 
 
全国書店ネットワーク「e-hon」での
ご注文は こちら から。
最新号
『共感革命』
~ 目次 ~
三十周年記念冊子の刊行にあたって
公益社団法人日本フィランソロピー協会 理事長
髙橋 陽子
第一部 リベラルアーツとしてのフィランソロピー
“野生の五感”を取りもどす
~生物進化に学び、人間社会の未来を考える~
京都大学総長 山極 寿一 氏
“生きものたちの物語”に耳をかたむけよう
~38億年の歴史をたどり、生きものらしさとは何かを探求~
JT生命誌研究館名誉館長 中村 桂子 氏
アダム・スミスの思想に学び、それを超えて
~命を大切にし、一人ひとりが輝く社会を目指して~
大阪大学総長補佐社会ソリューションイニシアティブ長
大学院経済学研究科教授
堂目 卓生 氏
日本人の暮らしの〝原風景〟を復興する
~次世代とともに創るランドスケープ~
ランドスケープ・デザイナー/造園家 田瀬 理夫 氏
「幸福学」の実践で、幸せな人生はコントロールできる
~4つの因子で、幸せへの道筋を解き明かす~
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野 隆司 氏
一人ひとりが大切にされる社会を目指して
~ロボットと福祉の現場から考える~
日本大学文理学部情報科学科助教 大澤 正彦 氏
社会福祉法人グロー(GLOW)救護施設「ひのたに園」 御代田 太一 氏
「共感」を起点に、ヒューマン・セントリックな社会を復権
~「生物として生きる」だけでなく、「善く生きる」ことで未来が拓ける~
一橋大学名誉教授 野中 郁次郎 氏
大阪大学総長補佐社会ソリューションイニシアティブ長
大学院経済学研究科教授
堂目 卓生 氏
ファシリテーター(日経BP日経ビジネス副編集長)
広野 彩子 氏
第二部 フィランソロピーがたどってきた道
フィランソロピーの過去・現在・未来
国立民族学博物館教授 出口 正之 氏
1. 近代以前のフィランソロピー
2. 二十世紀の米国資本主義から誕生したフィランソロピー
3. 日本や世界へ拡張するフィランソロピー
4. 新時代の到来とフィランソロピーの未来
日本における寄付の系譜
一般財団法人非営利組織評価センター業務執行理事 山田 泰久 氏
はじめに
1. 「勧進」から始まる寄付の軌跡(奈良時代から鎌倉時代)
2. 「共助」と「互助」に現れる寄付の実践(江戸時代)
3. 慈善と社会事業の寄付(明治時代)
4. 制度による寄付(明治・大正・昭和時代初期)
5. 戦後復興期と昭和の寄付(昭和時代)
6. 現代の寄付(平成・令和時代)
第三部 社会に拡がるフィランソロピー
「命のビザ」を発行した 究極のフィランソロピスト
~杉原千畝とフィランソロピー~
株式会社ルート・アンド・パートナーズ 代表取締役 増渕 達也 氏
「生きる」と「BIUTIFUL」
~映画の中のフィランソロピー~
石井 純 氏
体を張った仕事で稼いだ大切なお金を寄付
~まちかどのフィランソロピスト賞 歴代受賞者のいま~
川崎競馬場騎手会会長 今野 忠成 氏
子どもへの“ありがとう”の回数を寄付する
~まちかどのフィランソロピスト賞 歴代受賞者のいま~
中里 圭一 氏
あとがき
(肩書きはインタビュー時)
フィランソロピー始動30周年記念出版『共感革命』のご案内おわり
 
職員募集