事業一覧

企業のCSR支援 ・個人の社会貢献 ・次世代育成 ・共生社会 ・研修事業 ・出版事業
Latest Update:2022.8.01
 
企業のCSR支援 ・個人の社会貢献 ・次世代育成 ・共生社会 ・研修事業 ・出版事業
 
企業のCSR支援
 
従業員のボランティア活動支援
(1)ボランティアマッチングサイト『ボランティアウェブ』
・当協会独自のボランティアマッチングサイトを利用して、一人ひとりの従業員が興味をもつ活動を選んで参加できます。
 
ご利用事例
(2)個別企業向けボランティアのコーディネート
・各企業のニーズに沿ったボランティアプログラムの企画や実施支援を行います。
 
ご利用事例
 
寄付マッチングプログラム「フィランソロピーバンク」
(1)非営利団体への寄付
・企業や個人の寄付を非営利団体につなげたり、個人への奨学金として給付しています。
「フィランソロピーバンク」は、寄付者のご意向を反映しながら寄付金使途および成果報告なども実施し、さらに寄付先団体でのボランティア活動につなげるなど、参加型で「顔の見える寄付」をめざしています。
 
ご利用事例
(2)奨学金プログラム(個人向け)
あんしん生命
 
個別企業の社会貢献活動支援
 
・個別企業が実施する社会貢献プログラムの企画・運営・広報・事務局機能などを当協会が担当します。
 
東京ガス/森里海つなぐプロジェクト
 
 
American Express Leadership Academy NPOリーダー育成プログラム は、第11期(2019年度)をもって終了しました。
 
 
顕彰プログラム「企業フィランソロピー大賞」(2003年創設)
 
第19回企業フィランソロピー大賞贈呈式
社会の課題解決のために、自社の経営資源(人材・ノウハウ・技術・情報など)を有機的・持続的に活用した社会貢献活動を顕彰するプログラムです。
 
【写真】
 第19回企業フィランソロピー大賞 贈呈式
  2022.5.16 学士会館(東京都千代田区)にて
 
企業からNPOへの物品寄贈「あげます・もらいます」
 
企業から物品などの提供を受け、必要とする NPO(事前登録要)へ橋渡しするプロジェクトです。
受贈を希望される NPO は、お気軽にご登録ください。
 
個人の社会貢献活動推進
 
誕生日寄付 (2019年スタート)
 
誕生日寄付
与えられたいのちに感謝する日として、誕生日を少し違う発想で捉えなおし、「子どもたちの今を支え、未来に希望をつなぐ」ための活動です。
 
誰にも平等にある いのちを授かった日=「誕生日」に、いのちに感謝し、寄付という形で表す習慣を拡げるプロジェクトです。
 
SDGs時代のソーシャルリーダーシップ研修
 
研修プログラム
連続セミナー
一般の人たちのボランティア参加を促進するための研修を実施。社会課題を解決するために、地域の一員として何ができるかを学び、周囲に働きかけ、伴走し続けることを「ソーシャルリーダーシップ」と定義し、社会課題のリアルを知ることを通じて、自分自身の関わり方を考えるセミナーシリーズです。
 
フィランソロピー名刺
 
障がいや難病などハンディキャップのあるアーティストの作品を利用した名刺を制作・販売しています。
 
名刺の受注で得た一部収益は、アーティストや所属団体に還元します。名刺の印刷も福祉作業施設に委託し、障がい者の可能性と経済的自立の支援につなげています。
 
遺贈寄付 (2019年スタート)
 
遺贈寄付(いぞうきふ)は、あなたご自身の想いを次世代につなぐ、新しい寄付の形態です。遺言書を作成することによって、特定の人や団体に財産を「寄付」として託します。
 
当協会は、日本の社会に寄付文化を醸成させるため、2017年度までの20年にわたって「まちかどのフィランソロピスト賞」を主催し、2018年度からは「誕生日寄付」を展開しています。いずれも生前寄付で、今の世代・今の時代への社会貢献です。それに続く「遺贈寄付」は、人生を終えたあとも、あなたの社会貢献を次の世代・次の時代にまで継続させます。
 
 
まちかどのフィランソロピスト賞』(1998年創設)は、第20回(2017年度)をもって終了しました。
 
次世代育成
 
チャリティー・ムービー・プロジェクト (2020年度実施)
 
チャリティー・ムービー・プロジェクト
コロナ禍で奮闘するNPOを応援することと、中高生への寄付育を取り入れたプロジェクトで、国内のみならず海外も含めて中高生によるグループと個人25チームが動画を制作し、特設サイトなどで寄付を呼び掛けました。
 
チャリティーチャレンジ・プログラム
 
CCP
チャリティーチャレンジ・プログラム(CCP)は、子どもたちが解決したい課題を話し合い、募金活動を実行し、社会に役立つ寄付をする社会貢献学習プログラムです。
 
「募金・寄付」活動を通して地域社会を見つめ、さまざまな人とかかわる中で、自己肯定感を高め、実社会での「生きる力」を育みます。
 
共生社会をめざして
 
郡山市農福連携推進モデル構築事業 (福島県郡山市からの受託)
 
郡山市農福連携
当協会は、2019年8月から福島県郡山市からの委託を受け、農福連携推進モデルの構築に取り組んでいます。障がい者、ニートや引きこもりの人など、さまざまな理由で働きにくさを抱える人に対して、農業を通じて就労機会を提供し、ひいては地域住民や消費者の参画によって農業の再生や地域創生に寄与することを目指します。
 
研修事業
 
セミナー・勉強会
 
・1991年(平成3年)10月に始まった「定例セミナー」は、8月を除く毎月、フィランソロピーに関する幅広い分野から毎回テーマを選び、第一線でご活躍中の方々を講師にお招きして、講演会・シンポジウム・見学会などの形式で開催しています。社会貢献についての理論や実践事例を学び、活動ノウハウを得る機会として、企業・団体のみなさまはもとより、研究者・学生・NPO/NGOスタッフなど多方面から、そして全国各地からご参加いただいています。
 
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年5月からは「定例セミナー」をオンラインのみで開催し、「関西セミナー」および「エグゼクティブセミナー」は休止中です。
 
定例セミナー
関西セミナー
エグゼクティブセミナー
Stone Soup Club
 
出版事業
 
機関誌『フィランソロピー』(1992年創刊)
 
・機関誌『フィランソロピー』(隔月発行)は、社会課題を特集として企画し、企業の先進事例や個人・NPO の活動を紹介しています。表紙には、障がいのある方々の多彩な作品を掲載しています。
 
 
機関誌202208
 
2022年8月号
機関誌202206
 
2022年6月号
機関誌202204
 
2022年4月号
機関誌202202
 
2022年2月号
機関誌202112
 
2021年12月号
機関誌202110
 
2021年10月号
・巻頭インタビューなどの一部記事を、ウェブ上で公開しています。
・2003年1月号からの バックナンバー 一覧
機関誌/2022年8月号 機関誌/2022年6月号 機関誌/2022年4月号 機関誌/2022年2月号 機関誌/2021年12月号 機関誌/2021年10月号 機関誌/2021年8月号 機関誌/2021年6月号 機関誌/2021年4月号 機関誌/2021年2月号 機関誌/2020年12月号
 
フィランソロピー始動30周年記念出版『共感革命 ~フィランソロピーは進化する~』(2021年3月出版)
 
共感革命
自然環境の劣化と、コロナ禍で様々な問題が噴出、顕在化するなかで、これからの新たな社会づくりのキーワードを「共感」と定め、共感を醸成する要因を、多様な視点から紐解いています。
 
【主な構成】
  多様な分野の専門家へのインタビュー
  当協会主宰「まちかどのフィランソロピスト賞」受賞者のお話
  フィランソロピー研究・推進に関わる方々の知見
 
表紙画像をクリックすると、詳細ご案内ページに移動します。
 
ANNUAL REPORT(年次報告書)
 
 
 
年報2021
 
2021年度版
年報2020
 
2020年度版
年報2019
 
2019年度版
年報2018
 
2018年度版
年報2017
 
2017年度版
年報2016
 
2016年度版
QRコード
「事業一覧」おわり