連続セミナー

このページは
準備中です。
Latest Update:2021.11.30
連続セミナー
前回・次回
お申込み受付中
 
開催終了印
第2期(2021年度)
社会課題のリアルを学ぶ~NPOの活動を通して~
~8回シリーズ(予定)
主催:公益社団法人日本フィランソロピー協会
助成:公益財団法人JKA
2021年度JKA補助事業「児童、高齢者、障がいのある人が相補的に関わることのできる地域共生型社会づくりを促進する活動、調査・研究等」
NPOやソーシャルビジネスは、従来のやり方では対応しきれない、社会の多様なニーズに、先駆的に取り組むことから、改めて注目を集めています。ただ、こうしたセクターは慢性的な資金不足や人手不足という課題を抱えています。そのため、社会経験と人間性を兼ね備えた企業人やシニア層の積極的な参画が期待されています。
 
本連続セミナーでは、社会のために自らを役立てたいと願う企業人、シニア層が、社会貢献活動を始める前段階として、社会課題の実情を知る機会を提供します。また、どのような場面で、社会人の参画が求められるのかを理解することで、実際に参画していくきっかけを見つける場ともなります。
2021年10月から2022年2月にかけて全8回のセミナーを予定しています。
開催方式:
ビデオ会議システム『Zoom』を使ったオンラインで開催いたします。
『Zoom』は無料でご利用いただけるシステムで、当協会から事前にお知らせするURLをクリックするだけで参加可能です。『Zoom』への接続方法は、お申込みいただいた方に別途ご連絡いたします。
 
参加費:
無料
プログラム
各回の内容および講師は変更する場合があります。
 
 
開催終了
 
開催終了/2021.1.30
<第4回>
日時:
2021年11月30日(火)18:00~18:45(17:45開場)
※講演30分、質疑応答15分
テーマ:
病気や障がいのある子どもの「きょうだい」を応援する~子どもが「子ども」でいられるように~
講師:
清田 悠代(きよた ひさよ)さん
NPO法人しぶたね 理事長
清田悠代さん
 
<講師からのメッセージ>
重い病気のある子どものきょうだいたちは、子どものうちから、不安や寂しさ、罪悪感、プレッシャーなど、複雑な気持ちを感じながら大きくなっていきます。きょうだいたちのしんどさを、きょうだいや家族だけで抱えるのではなく、もっと社会のたくさんの人たちで関わっていけることがあるのではと思い、活動をひろげてきました。
きょうだいたちが、「どんな気持ちも持っててだいじょうぶ」「ひとりじゃない」そんなふうに思える安心の中で、子ども時代を「子ども」として過ごせるように・・・優しくつながり広がってきたきょうだい支援の輪に加わっていただけますと幸いです。
 
<講師プロフィール>
大阪府立大学社会福祉学部卒業。社会福祉士。心臓病の弟がいた経験からきょうだい支援を志し、2001年、米国きょうだい支援プロジェクト、ドナルド・マイヤー氏によるシブショップファシリテータートレーニング修了。以降、18年にわたりきょうだい支援の活動に取り組む。
 
<しぶたねとは>
「しぶたね」は、病気のある子どものきょうだいのための団体です。2003年に設立、2016年にNPO法人格を取得しました。きょうだいのためのワークショップ、病院ボランティア活動、小冊子の作成配布、寄稿・講演、毎年4月10日の「シブリングデー(きょうだいの日)」にあわせた啓発、支援者の輪をつなぎ広げるためのシブリングサポーター研修などを通してきょうだいを応援しています。
 
しぶたね・ウェブサイト:https://sibtane.com/
*しぶたね・Facebookページ:https://www.facebook.com/sibtane/
*しぶたね・Twitter:https://twitter.com/sibtane
 
【ご参考】シブリング(英語:sibling)とは「きょうだい(兄弟姉妹)」の意。
 
事務局:
公益社団法人日本フィランソロピー協会
担当: 大倉 寿之(おおくら ひさし)、宮本 栄(みやもと さかえ)
TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585 Emailは こちら から。
「社会課題のリアルを学ぶ~NPOの活動を通して~」おわり
受付開始:2021.10.11
最終更新:2021.11.30
お申込みボタン