動画

2020.03.31

機関誌『フィランソロピー』 次号は2020年4月号(No.397)(4/1発刊)

当協会では、機関誌『フィランソロピー』 を隔月で発刊しています。
次号2020年4月号(No.397)は4月1日の発刊です。

特集テーマは、「サーキュラー・エコノミーが拓く未来」。
産業革命から始まった「大量生産・大量消費」による「作って、売って、使って、棄てる」社会から「作って、売って、使って」、そして「使い続ける」社会へ。持続可能な社会モデルの基盤となる、循環型経済「サーキュラー・エコノミー(以下CE)」について考えます。
巻頭インタビューは、日本初「ゼロ・ウェイスト」宣言をして、ごみゼロに取り組んでいる徳島県上勝町の特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー理事長の坂野晶さん。2019年のダボス会議で共同議長も務めました。また、東京大学大学院工学系研究科の教授、梅田靖さんからは、欧州でのCEの現状と日本の課題についてお聞きしました。事例では、株式会社三陽商会、傘のシェアリング「アイカサ」、ネスレ日本株式会社の取り組み。また、石坂産業株式会社の工場訪問、「CE100」に参加する株式会社ブリヂストンのCEの取り組み。海外からはポートランド市の事例を。多彩な事業と取り組みをご紹介しています。

是非、ご購読ください!

▼詳細および購読申込:
 https://www.philanthropy.or.jp/magazine/ (4月号は4/1に掲載されます)